読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はいっ坊主

坊主が気まぐれに日々のご縁をしるします

怒らない人は無し

「お坊さんあるある」とでも申しましょうか。

子供の頃から良く聞かれる事に

「お坊さんって怒らないの?」

というものがあります。

場合によっては「お坊さんが怒ったらいかん」なんてものも。

 

さて、皆さんはどのように考えられますか?

 

 多くの場合、世の中の皆さんは何か大きな勘違いをなさっているようです。

まず、お坊さんと一口に言っても様々な宗派のお坊さんがおります。

厳しい修行をされる宗派もあれば、修行という概念がない宗派もあります。

お坊さんも人間ですから、赤ちゃんの時も、子供の時も当然ありました。とすれば、躾のされ方や育ってきた境遇も様々です。

つまり、一口にお坊さんといっても、それぞれの事情で差があって当然、無いほうがおかしいのです。

 

 苦行を経て仏となった釈尊のイメージを、そのまま全てのお坊さんのあるべき当然の姿だと考えている方が非常に多いようですが、そうではありません。

そうなれたらそれは、お坊さんではなく「仏様」と言います。

ですからお坊さんにも当然喜怒哀楽はありますし、時に激しく怒り狂う事もあります。

それを見て、また勝手な思い込みから「修行不足」というのもまた、お門違いというものです。

立場上の我慢や感情のコントロールの仕方を少しは知っているという部分から、平均して考えると一般の方よりは沸点が高めの人が多いかもしれませんが、所詮はその程度の違いしかありません。

条件が整えば、怒ります。

私自身も割と温和と言われる方ですが、心の中では結構怒ってばかりいますし、時にそれを顕わにする事もあります。

 

 歎異抄の中に、このような話があります。

親鸞聖人が、唯円に対して、「千人殺して来たら往生間違いないぞ」と伝えます。

それを聞いた唯円は、「いくら親鸞聖人の言葉でも、ただの一人さえ殺せない」と答えます。

その理由として、唯円が人を一人も殺せないのは「宿業」が備わっていないからだと教えています。

宿業というのは、分かり易くいえば「縁や条件」と捉えると良いでしょう。

怪我をさせる気なんてなくても、ふざけていて怪我をさせてしまった事があるという人も多いでしょう。中には「ちょっと痛い目みたほうがいいんだ」なんて考えてわざと怪我させたり、不利益を与えるような事をした事がある人も多いでしょう。

それらと何も違いはしないのです。

人を殺してやろうと思って車を運転している人は殆どいません。

しかし、交通事故による死者は後を絶ちません。

人を殺してやろうと思って仕事をしている人は殆どいません。

しかし、自社を守ろうと努めた結果取引先が苦境に立たされて自殺者を出してしまうという事もあります。

 

 このように人の命でさえ、縁や条件が整ってしまえば、直接的でも間接的でも殺めてしまうことがあるのが私たち悪人である人間です。

そんな人間が、それよりももっと簡単でお手軽な「怒り」を引き出す縁や条件に触れるのは、どんなにたやすいことでしょう。

 また人を殺めずに比較的平穏な生活を送っていられるのは、そういう良い方に働く宿業があるからです。

ついつい忘れてしまう私たちですが、こういった機会にその事を考え、そんなご縁に感謝して、日暮らしをさせて頂きたいものです。

 

 少しだけ話のついでに付け加えさせて頂きます。

インターネット上では、匿名性があり、殆どの場合は互いの顔を見ません。

だからこそついつい忘れてしまっている人が多いようですが、インターネット上の様々なコンテンツを作り上げているのは、一人一人の人間です。

様々なやり取りをする向こう側にいるのは、間違いなく私たち一人一人の人間です。

より良いご縁を育み、お互いに気持ちよく楽しむためにも、その事を忘れずに接したいものです。

楽しむ権利を持つのは、自分も他人も同じです。

権利があれば、義務もあります。

義務を怠った人は、インターネット上で楽しむ権利がないのですよ。