読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はいっ坊主

坊主が気まぐれに日々のご縁をしるします

あなたの好きなものは?

考える法話

「美味しいものには目がないんです」

と言いながら、わざわざ美味しいものや店を探したりはしない。

中には

「美味しい店を探して美味しいものに出会うのが楽しみです」

と口に言いながら、外食するときには、ついつい有名店やチェーン店などに入ってしまう。

なんて人も。

 

身に覚えがある人も結構いるのではないでしょうか。

結果、時には美味しい食材の仕入れが取りやめになったり

美味しい店が、店をたたんでしまうことになったり。

 

「本当に美味しいなら、そんなこと関係ない」

「それは本当に美味しくなかったからだ」

 

なんて言い聞かせて誤魔化していませんか?

「本当に美味しいなら、自分一人が行かなくても(買わなくても)、他人が判断して流行らせてくれるから、そうしたら行けば(買えば)いい」

それは言い換えてしまえばこういうことです。

 

グルメの話を例に出しましたが、他でも一緒です。

ファッションだったり、日用品だったり、家電だったり、音楽だったり、イラストだったり、ゲームだったり・・・。

 

私たち人間は、本質的に怠惰で我侭なものです。

願望を声高らかに宣伝して歩いても、身近に妥当なものがあれば、ついついそれで誤魔化してしまうものです。

時には知名度のある評価があれば、それが正解なんだと思い込んでしまいます。

全てにおいてとは申しませんが、ついついそうしてしまっている事は、人間誰しもがあるものです。

 

「この人はとても良い人だから、結婚しなさい」

なんて言われても、絶対に嫌だと言いますが

「この冬は○○ファッションが人気!」

なんて雑誌に書いてあると、自分の趣味にぴったりでなくても飛びついていませんか?

 

では、ここで問うてみましょう。

 

あなたの好きは、あなた自身が判断していますか?